• トップ
  • おしらせ
  • 今だから考える 個人情報取扱事業者が抱えるリスクに備える保険

おしらせ

2014年のトピックス

今だから考える 個人情報取扱事業者が抱えるリスクに備える保険

2005年4月に全面施行された「個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)」。大多数の企業が個人情報取扱事業者に該当しており、今までも何度か個人情報漏えいにかかる事案が発生してきました。2014年7月、大規模な個人情報漏えいが発覚した教育関連事業B社の例により、今、改めて企業による個人情報漏えい等のリスク対策が見直されています。

Ex-itsecurity.jpg万が一、事業者が個人情報を漏えいしてしまった場合、被害者に対して債務不履行責任または不法行為責任による損害賠償責任を負う可能性があります。もし、この対応を誤ると、企業イメージの低下につながるおそれがあり、「賠償リスク」だけではなく、「費用損害リスク」を引き起こします。

 

個人情報取扱事業者が抱えるリスク

個人情報の漏えいにともなう第三者への損害賠償
企業情報の漏えいに関する賠償責任
企業ブランド価値の毀損

個人情報取扱事業者向けの保険では、例えば、業務遂行上に偶然に発生した個人情報漏えいや従業員や委託先事業者等の行為に起因する不測の事由ほよって発生した下記の費用等を補償します。
・法律上の損害賠償責任や弁護士費用等の争訟費用
・謝罪会見・広告・文書費用や見舞品購入費用、クレーム対応費用 など

  今だからこそ、個人情報取扱事業者として
           先を見据え、不測のリスクに備える保険をご検討ください。

事業者(企業)によって必要な補償内容や範囲は様々です。セゾン保険サービスでは、複数の保険会社より、お客さまのご要望や条件をもとに、長年の経験を積んだ、保険のプロがお客さまに添った補償内容の設計・見直しを行い、最適な保険をプランニングいたします。

 

電話でのご相談・お問い合わせ
※受付:平日 9:00~17:30
 東京 0120-933-467  大阪 0120-600-758

 

メールでのご相談・お問い合わせ、受付時間外の場合は、下記「お問合わせ・ご相談」をクリックし、「お問い合わせフォーム」へ必要事項をご入力いただき、送信してください。
弊社担当部門の担当者よりご連絡差し上げます。

entry_ver2.png

<関連記事>
法人向けサービスメニュー

法人向けリスクマネジメント

法人向け保険商品一覧

無題ドキュメント