• トップ
  • おしらせ
  • 「未払残業請求急増時代の労務管理」セミナーを開催しました

おしらせ

2011年のセミナー

「未払残業請求急増時代の労務管理」セミナーを開催しました

2011年2月9日、池袋 東京芸術劇場 会議室において、多田智子さん(コンセルト社会保険労務士事務所 代表)を講師に迎え、「未払残業請求急増時代の労務管理」のセミナーを開催しました。

セミナー概要
日時 2011年2月9日 14:00~16:30
セミナータイトル 「未払残業請求急増時代の労務管理」
~従来型の就業規則・労務管理では、企業を守れない時代です~
主催 株式会社セゾン保険サービス(東京経友会保険部会)
会場 東京芸術劇場 会議室
参加人数 参加企業数36社、参加者40名(取締役の参加企業24社)

急増している未払残業請求の背景や、特徴などについて理解を深め、問題点が明らかにされ、どの企業にも起こりうる問題であることを再認識していただきました。大手企業への多額な支払命令の解説や、労働基準監督署の立ち入り検査や是正勧告の実態ならびにケース別の労務トラブルの実例と対応策が紹介されました。

2時間半のセミナーは盛況のうちに終了し、終了後にも多くの質問が寄せられました。

弊社では、経営の関心が高いテーマを選定し、今後も定期的に開催をしてまいります。今後のセミナー開催日程については、決まり次第このトピックスコーナーで紹介いたします。

参加された経営者の声
・労働時間管理について、再認識させられました。従来、始業時間前に実施している
朝礼や体操の時間も時間外労働とみなされることには、正直驚きました。
・実際に監督署に立ち入り検査(臨検)を受け、実残業時間との間に大きな乖離が
発生しておりました。 今回のセミナーで労働時間管理の重要性を再認識しました。

2011.2.9.tada.jpg
無題ドキュメント