• トップ
  • おしらせ
  • 「リプレイス・減額要求に対する"武器"を持とう!」セミナーを開催しました

おしらせ

2012年のセミナー

「リプレイス・減額要求に対する"武器"を持とう!」セミナーを開催しました

2012年1月19日、当社会議室において、猪口 義則氏(株式会社ライフポート西洋 取締役 プロパティマネジメント事業本部長)を講師に迎え、「リプレイス・減額要求に対する"武器"を持とう!」のセミナーを開催しました。

セミナー概要

日時 2012年1月19日 16:00~18:00
セミナータイトル 「リプレイス・減額要求に対する"武器"を持とう!」
主催 株式会社セゾン保険サービス
会場 株式会社セゾン保険サービス 会議室
参加人数 参加企業数12社、参加者17名(取締役の参加企業4社)

現在のマンション管理市場においては、マンション新規分譲が先細りする中にあって、生き残りをかけた大手管理会社はその企業規模の大きさを活かして共用部分の管理のみならず、"住生活総合サービス"の新規提供・価格競争の優位性を"武器"にしたリプレイス営業でさらなる規模の拡大を図っています。

一方、大手以外の管理会社は受託マンションをリプレイス、または価格競争から派生する管理委託費の減額要求への対応により、規模の縮小を余儀なくされてるのが現状です。

そこで今回のセミナーは、リプレイス・減額要求に対する"武器=有効な対応策"についてその実態と効果を踏まえて、わかり易くご説明しました。

2時間のセミナーは盛況のうちに終了いたしました。

弊社では、経営の関心が高いテーマを選定し、今後も定期的に開催をしてまいります。今後のセミナー開催日程については、決まり次第このトピックスコーナーで紹介いたします。

参加者の声

・マンション居住者へのサービス向上になり、管理費減額要請に対する現状維持のための提案材料として使えると感じた。
・他管理会社からの営業に対する守りの武器として検討したい。
・専有サービスの駆けつけサービスや、保険業務のアウトソーシングなど、フロント、管理員の業務軽減につながると思いました。

 
20120119.jpg
無題ドキュメント