個人のお客さま お客さまの笑顔、それが私達の喜びです

生命保険用語集

約款
保険会社が予め定めた保険の契約内容のことです。保険契約全てに共通する契約内容を定めた普通保険約款と、個々の契約について内容を補充、 変更した特別保険約款とがあります。
有期年金
年金保険の種類の1つです。被保険者の生存を条件にあらかじめ定められた 一定期間内に年金を受取ることが出来る保険のことです。
有期払込
終身保険の保険料の払込を一定年齢または一定期間で満了することを言います。
有配当の保険
生命保険は大別して配当の分配のある保険(有配当保険)とない保険(無配当保険)があります。配当金が出た場合に受取ることが出来ますが、 無配当保険と比較すると保険料が高くなります。
猶予期間
保険料の払込が万一遅れた場合、すぐに契約を失効させず一定期間は払込を猶予することが出来る期間のことです。
優良体割引
健康状態が一定の基準を満たしたり、喫煙の有無などにより保険料が優遇されることです。基準の詳細や適用される保険の種類は各保険会社によって異なります。
養老保険
保険期間中に死亡した際の死亡保険金と、満期まで生存していた場合の満期保険金額が同額の保険です。貯蓄性が高いですが、保険料は同条件の定期保険と比較すると割高になります。)
予定死亡率
保険会社が保険料を計算する際に用いられる3大要素の1つです。過去の統計から男女別、年齢別に死亡者数を予測し、これを元に将来の保険金の支払いに必要な額を算出します。
予定事業比率
保険会社が保険料を計算する際に用いられる3大要素の1つです。見込まれる保険会社の事業運営に必要な諸経費のことです。
予定利率
保険会社が保険料を計算する際に用いられる3大要素の1つです。保険会社は保険料の一部を運用しながら積み立てていますが、あらかじめ収益を見込み、保険料から割引いています。保険料を算出する際に用いられる割引率のことを予定利率と言います。

日新火災:NH08071101
【承認番号】B14-102151【使用期限】2015/09/29
【承認番号】B14-102048【使用期限】2015/09/22

保険についてのお問合せはこちら

無題ドキュメント