個人のお客さま お客さまの笑顔、それが私達の喜びです

生命保険用語集

第三分野
医療保険、ガン保険、介護保険、傷害保険などのことを総じて第三分野と言います。第一分野は生命保険(人の死亡に対する保険)、第二分野は損害保険(物の賠償に対する保険)で、第三分野はその中間と位置付けられています。2001年7月以降、規制緩和により、第三分野の保険商品は生保、損保どちらでも取扱うことが出来るようになりました。
代理店→保険代理店
保険会社からの委任を受け、保険の募集、契約の取次ぎを行う業者のことです。
団体扱
保険料を払込む経路の1つです。払込保険料を給与から天引きする方法のことです。 団体保険に加入している場合、利用出来る方法です。
団体信用生命保険
住宅ローンを利用するときに加入する保険です。万一、被保険者が死亡した場合、 その時点での住宅ローンの借入残高に相当する金額が死亡保険金として債権者に支払われ、借入金が清算されます。
団体定期保険
勤務先(自営業者の場合は組合など)を通じて契約する団体保険の一種です。 在職中に任意で契約して保険料を払込み、保険期間中に死亡した場合は死亡保険金が支払われます。 保険期間は一年で、退職するまで更新することが出来ますが、満期保険金はありません。
団体保険
勤務先企業や、組合などを通じて契約する保険のことで、 希望者が任意で加入することが出来ます。団体定期保険や拠出型企業年金などがあります。
短期払
保険期間よりも短い期間で保険料の払込を終えることです。 払込期間を短くすると、払込保険料の総額は少なくなりますが、1回の支払額は高くなります。
長期入院特約
特約の一種です。病気や不慮の事故で長期間の入院をした時に、 所定の入院給付金を受取ることが出来ます。入院日数は125日以上、 180日以上などと定められていますが、保険会社によって異なります。
長期平準定期保険
長期平準定期保険とは、法人が自己を契約者とし、役員又は使用人(これらの者の親族を含む) を被保険者として加入した定期保険のうち、その保険期間満了の時における被保険者の年齢が70歳を超え、 かつ、その保険に加入した時における被保険者の年齢に保険期間の2倍に相当する数を加えた数が105を超えるものをいい、 いわゆる逓増定期保険に該当するものを除きます。
貯蓄保険
保険期間は比較的短期(5年、7年など)で、 満期まで生存していた場合に満期保険金を受取れる貯蓄を目的とした保険です。 災害または特定感染症で死亡した場合、災害死亡保険金が支払われますが、 その他の原因で死亡した場合には保険料の払込期間に応じた死亡給付金が支払われます。
通院特約
特約の一種です。入院給付金の対象となる入院をした後、 入院の原因となった病気やケガの治療のための通院をした場合、 通院給付金を受取ることが出来ます。退院後だけでなく、入院前の通院を保障する商品を扱う保険会社もあります。
月払
保険料の払込方法の1つです。毎月、保険料を払込むことを言います。 月払いより半年払い、半年払いより年払いなど、まとめて払込む方法を取るほど保険料の負担は軽減されます。
積立
配当金の受取方法の1つです。受取った配当金を保険会社に積み立てておく方法で、 所定の利息がつきます。途中で引き出すことも出来ます。満期や死亡の場合は保険金と一緒に受取ります。
利率変動型
一般的な生命保険の場合、通常は契約時に適用される予定利率が契約後に変更されることなく、将来金利環境が変化しても契約時の予定利率が適用されます。しかし、予定利率を契約時の予定利率に固定せず、金利環境の変化に基づいて、適用する予定利率を一定期間※ごとに見直す保険も発売されています。「予定利率変動型」「積立利率変動型」「利率変動型」「利回り変動型」などの名称がついている終身保険や個人年金保険などがそれです。
適用される予定利率には最低保証があります。予定利率の見直しによって適用される利率が最低保証される利率より高く設定された場合、それに応じて最低保証される保険金額や年金額、解約返戻金などが増えます。
払い込む保険料は保険期間にわたって変わりません。
※有配当の終身保険は毎年あるいは3年ごと、無配当の終身保険は毎月、個人年金保険は5年ごと、など保険会社が独自に見直しの時期を定めています。
定額型
保険金や一時金、年金の受取形態の1つです。契約時に定めた期間に渡って一定の金額で保険金や一時金、 年金を受取る方法のことです。
定期付終身
終身保険を主契約とし、定期保険を特約として付加した保険のことです。 一生涯に渡り保障される終身保険に、定期保険を一定期間付加することで、 その期間内の死亡保障を厚くすることが出来ます。それぞれを別に契約するよりも、 保険料が若干安くなる場合もあります。
定期付養老保険
定期付養老保険は、養老保険に定期保険を特約として付加した組合せ商品です。
定期保険(特約)
主契約の種類の1つです。一定の保険期間内に被保険者が死亡した場合のみ死亡保険金を受取ることが出来る、 掛捨ての死亡保険のことです。定期特約として付加することも出来ます。
ディスクロージャー資料
保険会社が作成、配布している資料で、事業年度ごとの業務、財産状況についてまとめられた説明書類です。 契約者をはじめ、一般公衆の信頼と支持のもと経営活動を行うため、情報の開示が義務づけられています。 本店及び各営業所に備えられており、自由に閲覧することが出来ます。
逓減定期保険(特約)
定期保険や定期保険特約において、支払う保険料は一定で、 契約時に定めた期間ごとに保険金額が減っていく保険のことです。
逓増型
保険金や一時金、年金の受取形態の1つです。契約時に定めた期間に渡って一定の金額を受取る定額型に対し、 一定期間ごとに受取額が増えていくものを逓増型と言います。
逓増定期保険(特約)
定期保険や定期保険特約において、支払う保険料は一定で、 契約時に定めた期間ごとに保険金額が増えていく保険のことです。
定特転換
転換制度を利用する際に、転換価格(=下取り価格)を新契約の特約の一部に充てることを定特転換と言います。 また、主契約と特約それぞれの一部として充てる場合は比例転換と言います。
転換価格
現在加入している保険を元に、新しい保険を契約出来る制度を転換制度と言います。 その際、現在の保険の積立部分や積立配当金を転換価格として新しい契約に充てます。(=下取り価格)
転換制度
現在、加入している保険を元に、新しい保険を契約出来る制度のことです。 具体的には、現在の保険の積立部分や積立配当金を下取り価格として新しい契約に充てる方法で、 元の契約内容は消滅します。また、転換制度と呼ばれることもあります。(=下取り制度)
特定感染症
コレラ、赤痢(疫痢を含む)、腸チフス、パラチフス、発疹チフス、猩紅熱、ジフテリア、 流行性脳脊髄膜炎、ペスト、日本脳炎、痘そうの11種類の法定伝染病と、急性灰白髄炎(ポリオ)、 ラッサ熱、腸管出血性大腸菌感染症の3種類の指定伝染病のことです。(=法定・指定伝染病)
特定疾病保障保険(特約)
特定疾病とは、ガン、急性心筋梗塞、脳卒中のことを示します。 これらの病気により所定の状態となった場合、生前に死亡保険金と 同額を特定疾病保険金として受取ることが出来る保険(特約)です。 この保険金を受取った時点で保険契約は消滅します。(=3大疾病保障保険/特約)
特別配当
配当金の種類の1つです。通常の配当金とは別に、長期継続契約に対して支払われる配当金のことです。 貢献度に応じて利益配当が増額され、死亡や満期、または解約など保険契約が消滅する時に受取ることが出来ます。
特約
主契約に付加して保障内容を充実させる、いわゆるオプション部分のことです。 主契約に対して複数の特約を付加することは出来ますが、特約のみの単独では契約することは出来ません。 また、主契約を解約した場合は特約も解約となります。
特約の中途付加
保険期間中に、特約を付加することを言います。中途付加であっても、 告知または診査は必要になります。また、保険会社によっては特約の中途付加を扱わない場合もあります。

日新火災:NH08071101
【承認番号】B14-102151【使用期限】2015/09/29
【承認番号】B14-102048【使用期限】2015/09/22

保険についてのお問合せはこちら

無題ドキュメント