個人のお客さま お客さまの笑顔、それが私達の喜びです

生命保険用語集

災害死亡保険金
不慮の事故や特定感染症により死亡した時に、災害割増特約を付加していた場合は、 主契約の死亡保険金とは別に災害死亡保険金を受取ることが出来ます。
災害入院特約
特約の一種です。不慮の事故で入院した場合に給付金を受取ることが出来ます。
災害割増特約
不慮の事故による死亡や、高度障害状態に備える特約の一種。 主契約の死亡保険金とは別に災害死亡保険金を受取ることが出来ます。
3大疾病保障保険(特約)
3大疾病とはガン、急性心筋梗塞、脳卒中のことです。 これらの病気により所定の状態になった場合、生前に死亡保険金と同額を特定疾病保険金として受取ることが出来る保険です。 この保険金を受取った時点で保険契約は消滅します。
3利源配当タイプ
生命保険は「有配当の保険」と「無配当の保険」に大別することが出来ます。そのうちの有配当保険の種類の1つとして3利源配当タイプがあります。 これは、毎年の決算時に保険料算出のために用いる3つの予定率と実際の率との差によって生じる損益を集計し、剰余が生じた場合、配当金として分配する仕組みの保険です。
死差益→死差損益
保険会社は、予定死亡率などに基づき、保険金や給付金の支払予定額を算出しています。 その予定額から実際に支払った額を差し引いたもののことです。 これがプラスなら死差益、マイナスなら死差損益となります。
下取り価格
現在加入している保険を元に、新しい保険を契約出来る制度を下取り制度(=転換制度)と言います。 その際、現在の保険の積立部分や積立配当金を下取り価格として新しい契約に充てます。(=転換価格)
下取り制度
現在、加入している保険を元に、新しい保険を契約出来る制度のことです。具体的には、現在の保険の積立部分や積立配当金を下取り価格として新しい契約に充てる方法で、元の契約内容は消滅します。(=転換制度)
失効
保険の効力を失ってしまうことを言います。保険料の払込が滞り猶予期間を経過してしまった場合、 保険契約は失効となり、保障も受けられなくなります。失効してしまった場合は、 解約して返戻金を請求するか、3年以内であれば契約の復活の手続きをすることが出来ます。
疾病入院特約
特約の一種です。病気で一定期間入院した場合に、給付金を受取ることが出来ます。 また、病気や不慮の事故で所定の手術をした場合は、手術給付金を受取ることが出来ます。 (保険会社によっては手術特約として取扱っている場合もあります)
自動振替貸付
保険料の払込が一定期間滞ると、その保険契約は失効してしまいます。 自動振替貸付とは、そうした場合に、保険会社がその契約の解約返戻金の 範囲内で保険料を立替え、契約を有効に継続させるという制度のことです。 ただし、立替えられた保険料には所定の利息がつきます。
死亡保険金
被保険者が死亡した場合に、受取人に支払われる保険金のことです。
社員配当金
有配当保険の場合に、保険会社が決算で生じた剰余金を契約者に対して分配するお金のことを言います。 事業年度末に経過1年を超える有効契約に対して割り当てられます。 ただし、運用成績により変動するものなので、予定を下回った場合は配当金がない場合もあります。 単に、配当金と呼ばれることもあります。
主契約
生命保険の基本契約のことです。単独で契約することも出来ますが、 各種特約と組合せて保障内容の充実を図ることも出来ます。 具体的には、終身保険や養老保険を主契約とし、三大疾病の保障、 入院保障などを特約で追加していく、などがあります。
手術給付金
病気や不慮の事故で所定の手術を受けた場合に、受取ることが出来る給付金のことです。疾病入院特約やガン入院特約などに付加されているものもあります。
収入保障保険(特約)
被保険者が死亡、または高度障害状態となった時に、保険金を年金形式で受取ることが出来ます。 いわば「遺族年金」のような形式で支払われるものと言えます。
終身年金
被保険者が生存している限り、一生涯に渡って受取れる年金のことです。 保証期間のあるタイプと、ないタイプがあります。万一、被保険者が保証期間中に死亡した場合は、 残りの保証期間分の年金は遺族が受取ることが出来ます。
終身払込
終身保険の保険料の払込を一生涯に渡って行うことで、これを終身払込タイプと言います。 払込を一定年齢、もしくは一定期間で終了させる有期タイプもあります。
終身保険
一生涯に渡って死亡保障が続く保険のことです。 被保険者が死亡した場合のみ、死亡保険金を受取ることが出来ます。満期保険金はありません。
障害給付金
不慮の事故または所定の感染症などで所定の状態になった時に主契約の保険金と 別に受取ることが出来る給付金のことです。傷害特約に付加されています。
傷害特約
不慮の事故による死亡や、高度障害状態に備える特約の一種。 不慮の事故または特定感染症で被保険者が死亡した場合、主契約の死亡保険金とは別に 災害死亡保険金を受取ることが出来ます。また障害状態となった場合は、障害給付金を受取ることが出来ます。
条件付契約
保険事故の発生する可能性が比較的高い場合に付与される条件のことです。 保険料が割高になったり、一定期間内に保険事故が生じた場合に保険金が削減される、などがあります。 契約者間の公平性を保つために行われることです。
上皮内新生物(上皮内ガン)
臓器の粘膜や子宮頸部によく発生する腫瘍の一種のことです。 肺、胃、食道、肝臓、膵臓、膀胱など各部位のガンにおいても、ごく初期段階では上皮内新生物が発生している状態です。 この段階では治癒率が高く、また入院が比較的短期で済むことなどからガン保険でも対象外となっていたり、 給付金が少なく設定されている場合があります。
女性疾病入院特約
女性特有の病気(子宮・乳房・膀胱の病気や甲状腺障害など)で一定期間以上に渡って入院した場合に、 給付金が支払われる特約のことです。
診査
保険契約を結ぶ際に、医学的に被保険者の健康状態を把握することです。 保険会社はこれに基づき契約の申込に対する諾否を決定しますので、 被保険者は保険会社の指定した医師に対し、または告知書において事実を ありのままに告げる義務があります。
据え置き
死亡保険金や、満期になった保険金をすぐには受取らずにそのまま保険会社に預けておくことを言います。 据え置かれた保険金には所定の利息がつきます。
ステップ払込
終身保険の保険料を払込む時に、契約当初などのある一定期間の保険料を低く抑え、 一定期間経過後は割増の保険料を払込む方法のことです。普通の払込方法と比べると総払込額は多くなります。
成人病入院特約
成人病(ガン・脳血管疾患、心疾患、高血圧性疾患、糖尿病)で 一定期間以上に渡って入院した場合に給付金が受取れる特約のことです。
生活保障特約
被保険者が死亡、または高度障害状態となった時に、保険金を年金形式で受取ることが出来る特約です。いわば「遺族年金」のような形式で支払われるものと言えます。収入保障特約と呼ばれることもあります。
生存給付金
終身保険や定期保険などに付加されている給付金です。保険期間中に被保険者が死亡した場合は死亡保険金を受取ることが出来ますが、定められた時期に生存していた場合に支払われるのが、生存給付金です。
生存給付金付定期保険(特約)
保険期間中に被保険者が死亡した場合は死亡保険金を受取ることが出来ますが、 定められた時期に生存していれば生存給付金が支払われる保険(特約)のことです。
生命保険契約者保護機構
生命保険会社の経営が破綻した場合に契約者保護のため、必要な資金を援助する組織のことです。 高予定利率契約をのぞき破綻時の責任準備金の9割までを補償しており、国内で事業を行う全ての生命保険会社が加入しています。
生命保険料控除
払込んだ保険料の一定額が所得控除の対象となる税法上の特典のことです。 保険金の受取人が契約者あるいは配偶者、その他の親族(6親等以内の血族と3親等以内の姻族) である保険の保険料が対象です。また財形保険、保険期間が5年未満の貯蓄保険、団体信用生命保険は対象外となります。
責任開始期
保険会社が契約上の保障責任を開始する時期を責任開始期と言います。 申込書類に署名捺印後、保険会社が契約を承諾した場合、(1)告知または診査、(2)第1回保険料充当金の払込、 の両方が終了した時点から契約上の責任が開始されます。
責任準備金
保険会社が、将来の保険金・年金・給付金を確実に支払うために払込まれた 保険料や運用収益を積み立てているお金のことを責任準備金と言います。
全期型
終身保険などに定期保険特約を付加する場合、全期型と更新型の2つのタイプがあります。 全期型とは主契約の保険料払込満了までを保険期間とし、その間特約の更新がないものです。 そのため、特約保険料も一定となります。
前納
保険料の払込方法の1つです。数回分の保険料を前もって支払う方法です。(=一括払い)
増額
契約期間中に、保障額を増やすことを増額と言います。健康状態によっては増額出来ない場合もあります。
相殺
配当金の受取方法のひとつです。配当金と保険料を相殺し、配当金の分だけ払込保険料の負担を軽くする方法です。
ソルベンシー・マージン
「支払い余力」の意味です。保険会社は責任準備金を積み立てる等、通常予測されるリスクに対しては対応出来るよう運営されています。 が、大災害や株価暴落など予測を超えたリスクが生じた場合に対応できる 「支払余力」がどれだけあるかを判断する目安の1つがソルベンシー・マージン比率です。 200%を下回ると監督当局によって早期に経営の健全性の回復を図るための措置がとられます。

日新火災:NH08071101
【承認番号】B14-102151【使用期限】2015/09/29
【承認番号】B14-102048【使用期限】2015/09/22

保険についてのお問合せはこちら

無題ドキュメント