個人のお客さま お客さまの笑顔、それが私達の喜びです

生命保険用語集

配当金
保険会社が、決算で生じた剰余金を契約者に対して分配するお金のことです。 事業年度末に経過1年を超える有効契約に対して割り当てられます。 ただし、運用成績により変動するものなので、予定を下回った場合は配当金がない場合もあります。
半年払
保険料の払込方法の1つです。半年に1度保険料を払込むことを言います。 月払いより半年払い、半年払いより年払いなど、まとめて払込む方法を取るほど保険料の負担は軽減されます。
払込期月
保険料を払込むべき月のことです。月ごと、半年ごと、年ごとの(払込方法による) 契約応答日の属する月の1日から末日までのことを示します。
払込方法
保険料を払込む経路のことです。月払、半年払、年払があります。 その他に一時払、一括払(前納)、ボーナス併用払、頭金(一部一時払)などがあります。
払込猶予期間
保険料の払込が万一遅れた場合に、すぐに契約を失効させず一定期間は払込を猶予することが出来る期間のことです。
払済保険
保険料の払込を中止しても、保障を継続させることが出来る方法です。 その時点での解約返戻(返還)金を元にして保険期間をそのままに保障額の少ない保険に変更することです。 元の保険契約は消滅し、特約の保障もなくなります。保険の種類によっては変更出来ない場合もあります。
非喫煙者割引
一定期間の間、煙草を吸っていない場合、通常よりも割安な保険料が適用されることです。 この制度の取扱の有無、また詳細は各保険会社によって異なります。
被保険者
保険の対象となっている人のことです。被保険者の生死や病気が保険の対象になります。
夫婦年金
個人年金保険の種類の1つです。夫婦のどちらかが生存している限り、年金を受取ることが出来るものです。
復活
失効してしまった保険を、3年以内であれば保険会社の同意を得て元の契約に戻すことが出来、 これを復活と言います。ただし、再度、健康状態の告知と失効期間中の保険料を払込む必要があります。
変更
終身保険や個人年金保険など保険期間が長期に渡ると、 保障ニーズが変化する場合があります。そうした場合に所定の時期に 保険会社が定める範囲で保障内容を変更することが出来ます。具体的には終身保険は 死亡保障のみですが、死亡保障と年金を組合せるなどです。
保険期間
契約している保険の保障が効いている期間のことです。 契約期間とも言います。この期間内に発生した保険事故に関して保険会社からの保障を受けることが出来ます。
保険業法
保険会社の健全な運営、公正な保険の募集、それによる保険契約者保護を目的とした法律です。
保険金
被保険者が死亡、高度障害状態になった時、もしくは保険が満期になった時に、 保険会社から受取人に支払われるお金のことです。保険金が支払われるとその契約は消滅します。 支払っても契約が継続するものは給付金と言います。
保険契約者
保険会社と契約を結んでいる人のことです。契約内容の変更を請求出来る権利と、保険料の支払い義務を持っています。
保険事故
保険契約において、保険金や給付金の受取りを約束した出来事のことです。 死亡や入院、手術、または満期や生存などが保険事故に当たります。
保険者
保険契約における一方の当事者で、保険金を支払う義務を負っている者、つまり保険会社のことを指します。
保険証券
保険契約の成立、及び契約内容を証するために保険会社が契約者に対して交付する書類のことです。
保険代理店
保険会社からの委任を受け、保険の募集を行う業者のことです。また、募集を行わない紹介代理店、集金代理店も存在します。
保険約款→約款
保険会社が予め定めた保険の契約内容のことです。保険契約全てに共通する契約内容を定めた普通保険約款と、個々の契約について内容を補充、変更した特別保険約款とがあります。
保険料
契約者が保険会社に対して支払うお金のことです。
保険料払込免除
被保険者が不慮の事故で、事故の日から180日以内に約款に定められた身体障害状態となった場合、以後の保険料の支払いが免除されます。また、これとは別に保険料払込免除特約を付加し、一定の状態 (3大疾病・身体障害・要介護)になった時に保険料の払込を免除する保険会社もあります。
保証期間
被保険者の生死などに関係なく、契約時に定められた期間内であれば年金や一時金などの受取りが出来る期間のことです。主に年金保険に設定されます。
法定・指定伝染病
コレラ、赤痢(疫痢を含む)、腸チフス、パラチフス、発疹チフス、猩紅熱、ジフテリア、流行性脳脊髄膜炎、ペスト、日本脳炎、痘そうの11種類の法定伝染病と、 急性灰白髄炎(ポリオ)、ラッサ熱、腸管出血性大腸菌感染症の3種類の指定伝染病のことです。(=特定感染症)
保険契約者保護基金
1996年4月に保険業法が改正された際に設立された基金で、保険会社の経営危機に対応するのが目的です。救済保険会社(破綻した保険会社の契約を継承する保険会社のこと)への資金援助や一時的に支払い保険金の不足に 陥った保険会社への資金の貸し付けなどを行っています。
保険年齢
被保険者の年齢のことで、保険料算出の際の基準となります。 契約時点での満年齢を採用する保険会社と、満年齢の端数が6ヶ月を超える場合に切り上げる会社とがあります。

日新火災:NH08071101
【承認番号】B14-102151【使用期限】2015/09/29
【承認番号】B14-102048【使用期限】2015/09/22

保険についてのお問合せはこちら

無題ドキュメント