法人のお客さま 法人のリスク管理に最高品質のマネジメントをご提案いたします

安定した退職金制度構築を
従業員向け退職金・年金

準備のポイント

生命保険を活用することで、将来の退職金の原資を安定的かつ効率的に構築します。

<参考>
主な退職金の準備方法

制度掛金など
の税制
積立金
の帰属
主な特長おもな注意点
確定給付
企業年金
全額損金 従業員 受給権の保護 原則として60歳以降の給付
確定拠出年金
(企業型)
詳しくは『厚生労働省ホームページ 確定拠出年金の概要』をご覧ください。
中小企業
退職金共済
全額損金 従業員 新規加入者への助成 中小企業以外加入できない
特定退職金
共済
全額損金 従業員 資本金・人数の制限が
ない
原則全従業員を加入者とする
養老保険
(生命保険)
1/2 損金など 企業 契約者貸し付けがある 契約形態によっては普遍的加入が必要
現金・預金 - 企業 自由度が高い 運転資金で使ってしまう

※普遍的加入とは原則的に全役員・従業員が被保険者となり全員一律の保険金額で加入をすることです。ただし、退職金規定などで基準を明示することで職種や年齢、勤続年数などを考慮した合理的な基準を保険金額の設定に反映させることは可能です。

ワンポイントアドバイス
適格退職年金<以下 適年>(平成24年3月廃止)を導入している企業は、制度見直しが急務です!

適年の予定利率(年率5.5%が多い)と現実の利回りの「差」から生まれる「責任準備金の不足額」は時間の経過とともに拡大する一方です。
退職給付債務の財務への影響は、適年対応に限らず大きいため、現状把握と将来予測が極めて重要になります。退職金水準を見直す際は、「不利益変更」に関する法的課題の解決と労使間協議が大きなポイントとなります。

■お問合せ先
東京フリーダイヤル0120-933-467 大阪フリーダイヤル0120-600-758 受付時間:午前9時から午後5時30分 土日祝除く

メールでのお問合せはこちら

ページの先頭へ戻る

無題ドキュメント