傷害保険
被保険者が、急激かつ偶然な外来の事故により死傷した場合に補償を受けることが出来る保険のことです。 死亡保険金、後遺障害保険金、手術保険金、入院保険金、通院保険金などが支払われます。生命保険と似ていますが、疾病は補償対象外となることが大きな違いです。

ウィンドウを閉じる