福利厚生制度(団体保険)
企業等の団体が保険契約者となり、団体に所属する従業員等を被保険者(加入者)として加入する保険のことを言います。「任意加入方式」と「全員加入方式」の2種類があり、双方とも一定数以上の被保険者の加入が条件となります。「任意加入方式」の場合、加入者が保険料を負担しますが、在籍している従業員、そのご家族、退職された方など、加入の対象を幅広く設定することも可能です。「全員加入方式」は保険料を団体が負担し、団体構成員全員が加入する保険で、設計の仕方により、手厚い福利厚生を実現することができます。
福利厚生制度導入についての詳細はこちら

ウィンドウを閉じる